カラオケDAMともお悩み相談室

DAMともを始めて2年。今ではただ楽しいだけですが、ここまで来るまでに様々ありました。DAMともでのお悩みに答えれるブログにしていきます。

の、喉がーっ!

の、の、の、喉がーっ!

 

昨日はカラオケ。

 

帰ってきてからエアコンの掃除。

そろそろ冷房とかつけだしそうだし、スプレーとカビキラー、ブラシとウェットティッシュで。めちゃ綺麗になって、風もめちゃ出る。

 

めでたしめでたし。

 

で、今日朝起きたらノドち○この辺りに違和感が。で、水を飲んだら飲み込む時に痛みが。微熱も出て風邪かとも思ったけど、咳や鼻水が出るわけでもなし、ただ喉が痛い。昨日激しいの歌いすぎたかなー。と午前中は様子を見たけど痛みが引かないので午後から病院に行った。医者は喉見た瞬間に「真っ赤だね」と。ばい菌が活躍してるようですね。と。で、口開けて寝てたんじゃないですか?と言うので昨日の一連の行動を説明したら「間違いないすね。」と抗生物質と鎮痛剤を処方されました。

 

カラオケやって炎症起こしてるところにエアコンの掃除。

 

マスクして掃除して下さい。と(⌒-⌒; )

 

自分は歌手ではないので(当たり前だっ)喉のケアなんてまるで考えた事はなかったけど、ここ2年インフルエンザの時以外は毎週欠かさずカラオケに行ってるわけで、ある程度考えないといけないわな。

まー、今回の事はケア云々と言うよりただの不注意と言われたら「そうですね」としか言えないけど、今まで普通にやってた事で喉をやられるとは。

 

歳取ったしなー(⌒-⌒; )

 

まー、DAMとも内でそれなりに人間関係もあるし、なにより週一のカラオケに行けないとなるとやっぱり寂しいしね。

ちょっと気を付けてやらないと。

まだ喉は痛いし微熱もありそうだ。この程度で済んで良かったと思ってしっかり抗生物質を飲むとしましょう。

 

さて、今日のはただの日記だから良いかと思うけど、1ブログ1000文字を目標に書いてるので、

 

まだ300余ってるんよな(⌒-⌒; )

 

〜何を書こうか長考中〜

 

それにしても喉が痛い。抗生物質も一錠のんだだけで効くものじゃないから仕方ないけど、この年齢になるとちょっとした事で先の事を考えるようになる。インフルエンザで声が出なくなった時も

 

このまま声が出なくなるかも

 

とか大げさに考えたりした。

 

しかし、何十年後になるかわからんけど、いずれカラオケも出来なくはなる。確実に。ある日突然そうなるか、前もってわかった状態でそうなるかわからんけど、確実にそうなる事は確か。

 

カラオケブログだからカラオケの事でこじつけてきたけど、

 

もう少し毎日大切に生きなければと思う今日この頃。

 

もう少し早くそう思えてれば

 

人生また違ったかも。

 

よし、1000文字超えたぞっ!

 

(⌒-⌒; )

コラボ(デュエット)曲 男女編

最新のDAMのランキングを元によく歌われているコラボ曲を何曲か紹介します

独自の、独断と偏見の感想付きで(;^_^A

 

なんせここまでお堅い文章を書きすぎたなと。らしくない。

正直、開き直った記事です。指摘、訂正、突っ込みなどございましたら容赦なく。

 

1、打上花火 DAOKO×米津玄師

相変わらず強いですなー。しかし、良い曲だからね。

自分の知り合いの洋楽好きは散々に批判する。日本はあんな子供じみた曲が何年も流行ってるから音楽が進歩しない。と。お前うっさいっちゅーねん。自分は全くそうは思わん。ギラギラした洋楽ばかり聴いてたらあの曲から儚さや切なさを感じなくなってしまうのか?作曲した本人の意図とは違うのかもしれんが、自分はあの曲を聴くと近い過去を思い出す。何か切ないものがよみがえる。なんて漠然とした表現。これでは説得力ないね(;^_^A

何度かコラボ録音したことがあるが、技術を超えて感情移入したくなる曲。

 

2、恋音と雨空 AAA

もうさ、このAAAはさ、自分とは真逆の感じにしか聴こえんから全く(⌒-⌒; )

冒頭の「好きだよとー」聴いただけで「おっさんこれ無理ぃー」てなる。なんせ「だ」がG♯あれをあんな美しい声で出されたらさ。中田翔に似てる方ならまだもうちょい声はこっちの世界っぽいけどさー。歌おうとはしてみたんよ。それでも。れったい無理。

爽やかなハイボイス。爽やかな歌詞。なんせAAAは技術的完成度が高い。1ミリも音程外さずに歌うのは無理。

 

なんせ無理(⌒-⌒; )

 

3、ロンリーチャップリン 鈴木聖美Withラッツ&スター

うーん、いまだにこの歌がランクインするのか。まあ、カラオケやる人は若い人ばっかじゃないからね。DAMともやってるとむしろ年配の方の方が多い気がする。

しかしこの曲をあの色気を出して歌うのは相当に難しい。ジャンル的にもそうだし、今の時代の曲に比べたら伴奏が薄い。どういう色になるかは歌う人の技量にかかってくる。自分、音域的にも人前でこれは歌えない(;^_^A

 

4、とびら開けて「アナと雪の女王」 神田沙也加 津田英佑

これは、顔見せないで歌うと自分結構上手に歌う。なんせ、ミュージカルチックだから普通に声出せるし。この感じならそこそこ高い声も出る。なんせ自慢じゃないけどハモれる。

しかし、人前で歌うとギャグにしかならん(⌒-⌒; )

お前その顔でこの歌行くか?

的な。出落ちには最高やね。

まー、この曲歌うなら完全になり切って歌わないとダメ。照れながら歌うのが一番あかん。振りまで付けて振り切って歌いましょー。

 

5、AM11:00 HY

これも相変わらず強いね。HYは決して技術的な完成度が高いグループとは言えない。というかそれを売りにしてないというか。曲も歌詞も普通の人間が普通に感じて口ずさんでるような良さがある。ラップも難しいけどラップとしてはそんな難しい事やってるわけじゃない感じ。自分は全然噛むけど(;^_^A

しかしまー、自分にとっては歌詞がね。自分、あんな爽やかな気持ちを女性に持った事ないし。あんな爽やかな生活した事ないし(⌒-⌒; )

もっと、なんちゅーかこう、ドロドロしたと言うか、、、。いっぺん歌ってみたけど、

やっぱ自分の声では気持ち悪いんよね(⌒-⌒; )

 

6、銀座の恋の物語 石原裕次郎 牧村旬子

こんなんさー、若い人知らんやん?多分。しばらく歌唱禁止になってたけど、復活したんかね?

歌唱禁止の原因は多分権利的な問題なんやと思うけど、それとは別にこの曲、セクハラの象徴みたいな言われ方してたんよな。ちょっと前まで。なんせ会社の宴会で上司が部下の女性に銀恋歌うのを強要するのがセクハラだっ!と言ってね。しかし、おっさんら(自分もおっさん)とカラオケ行くと女性がいるとやっぱり歌いたがるんよな。銀恋を。

見た目もそうやけど、せめて歌だけでも上手ければセクハラとか言われんのやろうけど、そーゆー人って揃いも揃って下手くそで女性の肩に手を回す事だけが目的みたいになってるからね。

そりゃセクハラ言われるっ中年。

 

7、愛が生まれた日 藤谷美和子 大内義昭

これもなかなかのロングラン。人生で何十回歌ったか。基本女性は簡単。音域的にも動き的にもだし、なんせハモられる側だし。藤谷美和子は歌手じゃなくプッツン女優やしね。問題は男性さ。

あんまーい低音、ハモり、サビの途中でいきなりのオクターブ上のG♯。オクターブ上だけどうにかしてくれれば自分全然得意なんやけどね。みんなでカラオケ行って歌うとそこだけみんな机で頭打つ(⌒-⌒; )

 

ほんま、自分何が歌えるのか(⌒-⌒; )

 

8、WINDING ROAD 絢香×コブクロ

この歌は、ハモりの精度とノリだけ。ハモネプ的な要素満載の曲。ハモりが出来ないとなかなか盛り上がらんだろうなと。しかしこれをちゃんとハモって歌えれば歓声上がるね。自分、黒田パートだけなら全然歌える。身長高いし顔濃いからグラサンかけたらそこそこ黒田に似てるし。自慢じゃないけどハモりだけはまともにやる。それ無かったら自分歌うの嫌いやし。

 

誰か上歌ってーっ!

 

9、愛してるのに、愛せない AAA

前述の理由によりAAAはちょっと(⌒-⌒; )

 

10、ホールニューワールド(新しい世界) 石井一孝 麻生かほ美

もう技術的難易度が英語版とは段違い平行棒。なんというか日本語版はアニメの中で歌ってる感じ。英語版は歌手が歌ってる感じ。日本語版はハモりも少なく非常に歌いやすい。これ実は聴いたことがなかったけど、カラオケで流行るのは理解出来る。

英語版だけ聴いて「これ無理ーっ!」と思ってる方々、歌ってみると多分全然行けますよん。

 

というわけで、独断と偏見かつ自己中な感想付きランキング上位のコラボ曲男女編でした。

 

 

コラボ(デュエット)曲 女性編

続きまして、最新のDAMランキングを元によく歌われているコラボ曲を何曲か紹介します。

独自の、独断と偏見による感想付きで(;^_^A

 

とか言って、DAMランキングで100位まで見ても女性同士のコラボ曲ってほとんどランキングに入ってない。こりゃ一体どうなっとるんじゃい?男性同士のコラボ曲はEXILEのばっかやけど山ほどあるのになんで女性コラボは無い?

男女コラボで、銀座の恋の物語とか入ってるんやから「ザ・ピーナッツ」とか入ってても良さそうやけど(;^_^A

時代考えんかったらなんぼでもあるやん。今なんかアイドルグループや派生ユニットなんかもあるし。アニソンでも山ほどありそうやん?

 

もっと女性同士でこらぼしよーやー

 

1、ライオン「マクロスF」  May'n/中島愛

これは正直カッコいいです。音域的にもフレーズ的にもめちゃ歌いやすそうやし。

それにバンドやR&Bとかと違ってアニソンというのは基本的に伴奏が分厚い。歌ってて自分の声をいろんな音が支えてくれるから歌ってて気持ち良いんよな。

ハモリとかがあって難しそうと思ってらっしゃる方、歌ってみると案外楽しいかもよー。

 

2、脳漿炸裂ガール  れるりりfeat.初音ミク&GUMI

自分は和楽器バンドVer.は歌ったことがある。早口言葉は相当練習した。しかしこれは決まると相当気持ちいい。全く練習せずにこれを歌うとギャグにもならん。アワアワ言ってる間にどんどん進んでくしね(⌒-⌒; )ハモリは出来なくても早口言葉さえなんとかなってれば形にはなる。エフェクトで声を変えて歌うのも良いかなー。

 

と言うわけでここからはあんまり歌われてないけど、1曲だけDAMともで聴いて良いなと思った曲と、おっさんが知ってる曲、さらには時代を遡って行きます。

 

3、It’s all Love!  倖田來未×misono

無理やり若い人のをもってきたわな(;^_^A

誰ぞが歌っててカッコいいなと思ったうた。どっちかと言うと倖田來未寄りのパンチが効いた感じの歌。misonoパートが相当高いのとリズムが結構複雑。これどこで入ったらえーねん!となる(;^_^A

歌の上手い姉妹や仲良しがいたら是非挑戦してみてほしいね。

 

4、長い間 Kiroro

これ最初に聴いた時は衝撃だった。この時代にこのスタイルでデビューするかー!て感じで。HEY!HEY!HEY!で初めて見た時の金城さんのトークも衝撃だった。この子東京来て大丈夫か?的な(⌒-⌒; )

 

しかしまー、素直な歌詞と透き通った音楽。

あの時代には必要なものだったのかもね。

 

5、アジアの純真  PUFFY

この子らも出てきた時はビビったね。

何この完成度の低さ(⌒-⌒; )

しかし奥田民生プロデュースと知って納得。あれはあれが完成品なんだと。最初はアジアの純真だったからまだちゃんとやってる感じではあったけど、次の

これが私の生きる道

PUFFYだよな。あのユルさ、脱力感、しかし使ってる言葉が歌じゃないからめちゃ若い女子から支持された。

時代が生んだゆるーいデュオでした。

 

6、愛が止まらない  Wink

熱帯魚の方が有名なんかも知れんけど、しかし自分はこっちが好きだなー。

この二人はアイドルなのか何なのかわからん二人だよな。なんせ爆発した2曲は曲がとんでもなく良い。この愛が止まらない、歌詞がエグい。

「彼女の事なら始めから百も承知よ、ルームライトを消す指が震えー。」

わおっ!

彼女がいる男性の友人を誘惑してるお話。それを若い女子二人が歌うと言うギャップ。当時何も思わなかったけど大人になって聴くとなかなか(⌒-⌒; )

 

7、バナナの涙  うしろゆびさされ組

悪いけど、自分はファンだったぞ。とか言ってコンサートとか行くような場所に住んでなかったし、中学生だった、よな?多分。でもファンだったぞ。

おニャン子の中でも男ウケしそうな二人が組んでしかしちょっとおちゃらけた感じにもなる。

良いコンビだったと思うね。

このバナナの涙、曲の作りは最高。 

冒頭のおちゃらけた感じの

バ、バ、バ、バ、バナナんぼう

から始まって刻みだけの伴奏につぶやきのような歌詞、サビの前でハモりが入って突如伴奏が止まって「あぜん」の言葉を合図に様々な音が鳴り出してハモりにバックコーラスまで入ってくる。よくこの歌詞をこの音楽にしたなと。

流石の後藤次利

て感じです。

 

8、待つわ  あみん

これは言わずと知れた後世に語り継がれる名曲となりましたね。

「可愛いフリしてあの子わりとやるもんだねと」

こんな歌詞あります?(⌒-⌒; )

それを無表情な二人がサイドステップで歌う。

みんな真似してましたね。

しかし、サビの印象度は最高ですね。デュオの良さを最大限に生かした感じ。

名曲です。

 

9、U.F.O. 等  ピンクレディー

等と書いたのはなんか色々ありすぎてね。

自分としては何が印象的って、一番は

渚のシンドバッド

子供心にあのセクシー衣装はたまらんかった(⌒-⌒; )会いに行きたかったもん。小学校低学年でもちゃんとやらしい目で見てますよん。

 

それでさ、あの振り付けを2つ年上の姉が真似するわけよ。で、やっぱり子供心にやめてくれー!と思ってた。ピンクレディーを頭に描く時に顔が姉になる。

やめてくれーっ!て思った(⌒-⌒; )

 

しかしまー、この二人のルックスと衣装、歌と踊りは世の男性を惹きつけて離さなかった。

 

カラオケに本人映像とかあるんかなー。

 

と言うわけで、最後はおっさんのエピソード話になってしまいましたが(⌒-⌒; )

 

正直、歳を取ってくるとなかなか新しいものが印象に残らず、さらに似通った曲に聴こえてくる。子供の頃やせめて学生時代に聴いたものは印象にありまくり、さらにエピソードが色々ある。もっとみなさんのカラオケに役に立つ事を書かないとと思いつつ、ついつい(⌒-⌒; )

 

失礼しましたm(__)m

 

 

 

休憩室④ DAMとも

辞めて行く人

 

自分は結構平気なんです。現実の世の中でもいらない人間関係は平気でバサバサ切って行く人間なので。DAMともを辞めてく人ってそれが出来ない人が多い。もちろん忙しくてとか興味がなくなってって人もいると思うけど、人間関係が嫌になってって人がかなりの数いらっしゃる。

 

人間関係ったってネット上の繋がりだけ。

 

そんな深刻に考えなくても良いのになー。

 

視聴返しが嫌で

 

何度も書いてるけどDAMともの付き合いでまぁ面倒くさいなと感じるのは視聴返し。上手く付き合って行こうと思うとこれは重要。

正直他の人の録音を聴きたいと思う事はごく稀。だってプロの歌だって好きなのしか聴かないのに素人が歌ってるカラオケのしかも全く知らん歌なんてそんないつも聴きたいわけがないし。それにナイスを押さないとまたあーじゃこーじゃなる。聴き出してすぐナイス押したらまた、、、。

 

それでも視聴回数が欲しいから結局人の歌を何曲も聴き続ける事になる。一度やり出すと返してくるからまた、、、。スパイラルに入る。

 

みんなわかってるんだけどね、多くは聴きたいと思って聴いてるわけじゃない事ぐらい。しかしみんな気を使いあってその視聴返しをやめられない。

 

自分は週に一回、ざーっと聴きに、いや挨拶に行く。それだけ。しかし多くの人は1日に一回はログイン、多い人は1日に何回もログインして視聴の確認をして、来てくれた人には視聴返しをしてる。

 

それが嫌になって辞めて行く。

 

だったらやらなきゃ良いのに。とぞおもひける(⌒-⌒; )

 

現実の世の中でもそうだけど、その事自体が嫌いなわけじゃないのにその環境の人間関係が嫌で辞めて行く。

 

なんかもったいない。

 

相手に対して失礼と言う意識

 

その意識、実は逆かもしれませんよ?

 

あなたのその気使いに相手も気を使ってるかもしれない。

 

•敬語を使われるから先輩でいないといけない。

 

•自分の前ではタバコを吸わないからこっちも吸えない。

 

•視聴を返されるから返さないといけない。

 

少しわがままになってあげたほうが相手にとっても楽って場合もある。

 

なにより

 

自分を守る為には自分の感覚を通さないといけない部分もある。

 

この人はこう言う人

 

と思わせる。

 

それで居なくなる人はあなたにとって必要ない人。

 

それでも付き合ってくれる人、

 

結構たくさんいるもんだ。

 

自分なんて現実でもDAMともでも結構ワガママに過ごしてる。

 

まわりにはそれが心地よいと感じてくれる人がいる。

 

相手に合わせてるだけだと

 

疲れてしまいますよ。

 

やってる事はあくまで ヒトカラ

 

ヒトカラなのに人間関係で疲れてどーすんのさ。

同世代 DAMとも

DAMともはカラオケを題材としたSNS

歌を通じて日本中の人と交流できる。生コラボと称して実際に会ってカラオケをやってる人たちもいる。自分はそれはやらない。カラオケは一人が良い。

しかし、今ではもう下げてしまったが一時期TwitterのアカウントをDAMともの自分のページに公開してた。そこで出会った同年代が数人。

Twitterのメッセージ機能でのやり取りが大半だが、同年代トークがさく裂してる。

DAMともは歌で交流するものだから、確かにいくつになっても流行りを追ってる人もいるが、ほとんどの人は若き日の歌を歌ってる。

 

同年代って素晴らしいもので、その歌を聴いて思い出すことが似通ってるんだよな。

例えば、1970年生まれの自分世代、女の子がレベッカを聴けば高校時代の彼氏のことを思い出したり、抱きしめてトゥナイト、聴いたら「教師ビンビン物語」とすぐ来るしね。森川由加里のSHOW MEを聴けば「もう、遅いねや」て言うし。

学校やバイト先、部活の事や彼氏彼女の事、髪型とか服装もやっぱり似たような感覚で話ができる。

 

普段から周りにいる同世代はどうしても話が仕事や家庭の問題なんかに行ってしまうけど、仕事もプライベートもまるで関係ない同世代と話すのってこんな楽しいもんかと。

もうこんな年齢になってくると新しく人に出会うなんてことはほぼない。あっても仕事の相手とかね。どうしてもそこに損得勘定が入って来るし、なかなか素直に話は出来ない。

しかしそこに損得勘定がないと感覚が高校や大学の同級生なんよな。

実際会ってそれ以上仲良くなるとまたそうはいかなくなるのだろうが、このスタンスでいる限り、話題が尽きることはあってもこの感覚は変わらないだろうなと。

みんな完全に頭が高校生ぐらいに戻ってるもんね(;^_^A

 

昔の話で盛り上がってる人もいる、音楽について熱く語ってる人もいる、文句ばっかり言ってる人もいる、めんどくさい人もいる。

 

何かすべて新鮮に感じる。

 

確かにこれは仮想空間。それは現実にしようと思はない限り現実ではない。

この歳になるとさすがに現実と妄想の区別がつかないなんてことはない。

普通に生きてきて、歳を重ねて、普通の生活を送りながらたまに現実逃避して昔に戻る。

 

これはある種新しい幸せである。

 

こういう刺激で、少しは若返るのかなー(;^_^A

 

 

 

独自の世界観 ヒトカラ DAMとも

DAMともをやってて様々な人の録音を聴く。

 

上手な人ってたくさんいる。一人で歌うにしてもコラボや素材を作るにしても、音程が良くて、バランスが良くて、美しく歌ってる。

 

何というか、自分、そこにあまり興味がない。

 

ひとり男性がおりまして、その人、すんごいビブラートかけるの。もうこれでもかってぐらいビブラートかけるの。しかもかなりの音程差でね。最初は気持ち悪いと思ってた。で、自分の素材にコラボに来てくれたんですよ。何回か聴いてるうちにそのビブラートが心地よくなってきてね。そんだけビブラートかけてるのに音程は合ってるし。

 

あーゆーの、味って言うのでしょうね。

 

一人女性がおりまして、その女性は本格的に上手い。自分なんかが相手にしてもらえないほど上手い。何度か勇気を出してコラボに行ったし、視聴の行き来もあるけど。

ちょっと暗めの照明と手や体の動き、声の色まで完全にっ世界に入り切って歌う姿はめちゃかっこいいし、歌もとんでもなく訴えてくるものがある。

 

なんか簡単に立ち入ってはいけない世界観がある

 

また一人女性がおりまして、その人はハモリ屋。一人でも全然歌うけど、自分、いたずらっぽく人の歌にハモリ入れてるその人が好き。声はすごくきれいで、しかし高い声が苦手。音程もよく外す。しかしハモリのセンスと曲全体に漂う色が良い。

 

たまにコラボに来てくれるけど、なんか面白くて何回も聴いてしまう

 

また一人女性がおりまして、一人で歌うとものすごく味がある。音程はいつもやや上ずり気味、しかし節回しに味がある。英語が得意なようで英語の歌はめちゃかっこいい。

しかし、ハモリがまるで出来ない。しかし頑張ってハモる。しかししかし音程明後日。

何度かこちらからコラボに行って、お返しにハモリを入れてくるんだけど、

 

ほほえましく聴いてます(;^_^A

 

これ、何が言いたいかというと、ただ上手なだけの人、それはそれでよいと思うけど、

 

だったらプロを聴く

 

やっぱり素人がカラオケでうたうわけで、プロほど上手くなくて当たり前。

 

ちょっと音程は外れてようが、変なビブラートかけてようが、その人なりの世界観がある歌の方がよっぽど魅力的。

 

ハモれることを誇ったようにたくさん素材上げてるけど、まるで機械で打ち込んだような音になってたり、高い声が自慢なのかもしれないけどただひたすら高い声を出してるだけだったり、

 

もう上手いのはわかったから。

 

と言いたくなる。

 

上手くなくてもいいじゃん。

 

自分がこの歌うたいたい、この歌をこんな風に歌いたい

 

表現するには技術がいる。そのために努力はするべきだけど、しかし

 

上手くなくてもその人なりの世界観

 

DAMともを徘徊するときにはそんな動画、録音に出会えるのを楽しみに、良いのがあったらニヤニヤしながら楽しんでます。

 

さて、今日は休みだし

 

徘徊するかなー。

 

 

コラボしてもらう為には DAMとも

さて、デュエット曲の事を書いたので、それについて。

 

せっかくデュエット曲の片方のパート、DAMともで言う、素材をアップしたのに誰もコラボに来てくれない。こんな寂しい事はありません。

 

自分、もう数十曲アップしてますけど、全く使って貰えなかった曲も何曲かあります。

 

やっぱりそこそこメジャーな曲でないとなかなか使って貰えない。けど、メジャーな曲であるにも関わらず全く。て場合もあると思います。原因と対策を見て行きます。

 

1、普段のDAMとも内での行動は?

 

DAMともSNSです。だから、普段から人と付き合っておかないとどれだけ良い素材、メジャーな曲を歌ってもまず聴いてもらえない。それに、数ある素材の中から自分の素材を選んで貰おうと思ったらそれなりに好感を持たれてないとなかなかコラボはして貰えません。

 

DAMともの人付き合いの始まりはまず視聴です。始めのうちは無差別に自分の知ってる歌、知ってる歌手、年代や好みが同じ人のページには積極的に視聴に行って交友関係を増やしておきます。

 

この時に気をつけないといけないのは、以前の記事にも書きましたが、知らず知らずに相手を不快にさせてしまってる場合があります。

 

※足跡を残すだけでナイスを押さない

※再生してすぐナイスを押すのはダメ(聴いてないと思われる)

※同じ人の歌を毎日毎日何曲も聴きに行く(喜ぶ人もいますが、ほとんどの人はあんまり強烈に迫られると圧迫感を感じますし、聴いてもらったら返さないとと思うものなので)

 

ね、めんどくさいでしょ(⌒-⌒; )

 

しかし簡単な事で、上手く付き合って行くにはほどほどの距離感とマメさが必要って事です。現実の世の中でも同じですよね。なので、相手が新しく何かアップしたら一度視聴に行ってしっかり聴いてナイスを押してくる。

 

付き合って行きたいと思う相手はしっかりお気に入り登録しておきましょう。お気に入り登録しておけばマイページからアップされた曲に直接行けます。

 

友達申請は、まだ早いです(⌒-⌒; )

 

2、こちらからコラボに行ってみよう!

 

素材をアップする側からすると、誰かに使って欲しい。自分がそう思うように相手もそう思ってます。なので、まず自分からコラボに行ってみましょう。

 

しかしここでも気をつけないといけない事があります。

 

※コラボされる側の気持ちってのを考えてみて下さい。よくいらっしゃるのが、ご本人気持ちよく歌ってらっしゃるんだと思いますが、例えば元の素材を消し去ってしまうような大音声で歌ってる方が良く見えます。バランス云々と言うような高度な事ではなくて、最低相手の声がしっかり聴こえるようにコラボしましょう。一発録りではなく、最低一回は録音して、マイページにアップされたものを聴いてみて、修正出来る事は修正して、出来る限り良いコラボ作品にしてあげましょう。ちなみに自分、練習始めてからアップするまでに数ヶ月を要する事もあります。同じ曲をおそらく何十回とか録り直してます。

 

※曲コメントでしっかりお礼を。無料会員でない限り、自分のプロフィール欄とアップした曲のコメント欄にメッセージが書けます。全く何も書かずにただコラボしただけだとコラボした相手は???と思うものです。特に褒めたりする必要はないので

 

素敵な素材をお借りしました。楽しく歌わせて頂きました。ありがとうございました

 

ぐらいで良いと思うので必ずメッセージを残しましょう。

 

※全く反応が無ければ撤退を。こちらが曲コメントでメッセージを書いてコラボしてるにも関わらず、視聴に来ない、もしくは視聴に来てもナイス無し一回のみ、さらにコメントもなんもなければ、むやみに何曲もコラボせずに元の視聴のみの関係に戻りましょう。自分では良いと思っていても相手が嫌がってる可能性もありますし、例えばもう決まったコラボ相手が居てそのグループ以外の人はあんまり、、、。て人もいます。なので、反応が無い場合は無理に押さずに次の人。

 

SNSは相手してくれなかった事を引きずるよりキッパリ割り切って、次!て感じじゃないとやっていけません。自分に合う相手を探しましょう。

 

3、素材をアップしたら素材であることを曲コメントに書き込む。

 

例えば、桜井和寿桑田佳祐の奇跡の地球をアップしたとして、何も書いてなければどっちパートを歌ってるのかわかりませんよね?下手したら自分で全部歌ってる人もいますし(⌒-⌒; )

 

なので、アップしたら曲コメントに

 

デュエット素材です。○○パートです。

 

と必ず明記しましょう。あと、原キーとかマイナス1とかキーが書いてあるともっと良いです。

 

さらに、あんまり自信ありませんが、宜しくお願いします。とか書いとくと取っつきやすいですね。

 

こんな感じですかね。

 

あとは、とんでもない下手くそじゃなければ付き合いがしっかり出来てれば誰ぞコラボには来てくれます。別にめちゃくちゃ上手い人だけが人気があるわけじゃないんです。めちゃくちゃ上手い人にはめちゃくちゃ上手い人、もしくはよくわかってないドンキホーテ的な勇者がコラボに行くだけ。とんでもなく上手い人は一握り。ほとんどは普通の歌が好きな人々が集まってるのがDAMとも。ので、そこそこ歌えてれば大丈夫。

 

自分だって、ハモりは出来るけど全然上手くはないんです。

 

イヤ本当に。まじで全然なんです。

 

でも、素材をアップしたらだいたい5〜6人、多いのは10人ぐらい来てくれた曲も。中には、ヤメテクレ〜っ。て人もいますが、しかし、自分の素材で皆さんが楽しく遊んでくれてるのは嬉しいもんです。

 

さて、素材作りますか!