カラオケ DAMとも お悩み相談室

カラオケブログです。DAMともだけに留まらずカラオケやJ-POP全般についてカラオケ目線から様々書いて行きます。

男性にとってのカラオケ

 

男にとってカラオケと言うのは

 

最初言っときますが思い出話です。DAMともとは全く関係ありません(⌒-⌒; )

 

男ばかりで行くときはなんも考えずにただひたすら騒いで歌ってるんだけど、やっぱり女性がいると色々意味合いが違ってくる。それは女性にとっても同じなのかもしれないが多分意識としては男の方が強く持ってるだろうなと。

女性の場合少々歌が下手でも男は何も思ってない。と言うかあまりにも上手すぎると男はたじろぐ。自分は全然たじろがない。自分にとっては

 

歌が上手い女性=恋愛対象💖

 

今の時代はそんなことないのかもしれないけど、自分が大学生の頃とかはただカラオケに行くだけでもみんな結構色々意識したもんだ。

最初にあれ歌って、次は、あっ!あいつあれ入れやがった、じゃあ俺はこっちで、、、。的な。

 

さながら戦場である!

 

普段から遊んでる仲間内なら何も思わないけど初めて行く女性とかがいるとね。

 

意識としては「上手いか面白いか」その2択。

 

バーべキューとかだと気の利いた立ち振る舞いやリーダーシップ、何だったら力持ちとか運転とかアピールすることはたくさんあるけど、カラオケの場合選曲にしても歌唱力にしても「センス」だけ。なんか人間の本質を見られてるような、そんな過剰な意識を持ってたもんだ。

めっちゃイケメンでもめちゃ歌が下手だったり、全く空気を読めてない選曲だったり、なんか気持ち悪いの歌ってみたりで女性に引かれるヤツもいるだろうなと。実際それで幻滅する女性もいたしね(⌒-⌒; )

 

逆に実際あった話として

自分、20代後半から30代前半まである病に苦しんでまして、その病気にとっての名医と言われる医者が四国に居て何度かそこに入院したんです。これはそこでの入院中の話。

入院と言っても死に直面するような病気ではないのでわりと自由に動き回れる入院。みんなだいたい2〜3週間で退院していく。それだけの期間同じ環境にいてさらにみんな同じ病気なので自然と打ち解け仲良くなって行く。

言えば自分もまだ若い。そりゃ美しい女性がいれば入院中だろうがそう言う気持ちにもなる。

で、ある日、先に退院していく人の送別会と称してみんなでカラオケにいったとさ。めでたしめでたし

ハッΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

失礼、時々こう言う事したくなるんです。

 

カラオケに行ったんです(⌒-⌒; )

男女入り混じってみんなで。その中に少し年下の可愛い女性がいて、性格上誰とでもすぐ仲良くなれるのは自分の特徴で、その女性とも多少意識はしつつそこそこ話をするようになってたんです。

自分、歌は上手くはないけど下手ではない。得意な歌を歌ってる限りボロは出ないだろうとそのカラオケの時も張り切って歌って、そしてみんなもじゃんじゃん歌って、なんせ入院中暇だから結構ハジけて盛り上がってたんです。

で、同じ入院患者で言い方は悪いけど「もやしっ子」みたいな男性がいたんです。本当に病弱丸出しで性格的にも大人しくあんま存在感がない感じの。

盛り上がってる中そいつはなかなか歌わなかったんだけど、せっかくだから何か一曲ぐらいとみんなで押して遠慮がちにやっと歌った歌が

 

鬼のように上手いの((((;゚Д゚)))))))

 

忘れもしない。

 

ミスチルの「口笛」だ。

 

見た目とのギャップ、控えめな性格とのギャップがえげつなく、さらにただ上手なだけじゃなく「このままCDでいいんじゃない?」と言うぐらい声も素敵で表現力まで豊かな「口笛」だったんです。

もうみんな感嘆の嵐で自分もそこまでは感嘆で良かったのだけれど、、、。

その後その可愛い女性がその男の近くに行って

話をしたり

( *`ω´)

デュエットしたり

( ̄^ ̄)

「次これ歌ってー」とか言ってたり

\\٩(๑`^´๑)۶////

完全にそいつと二人でカラオケに来てる感じで

(T ^ T)

 

それがしの気分は

 

戦に負けて腹を切りたい気分(⌒-⌒; )

 

その男と女性はそれから入院中よく一緒にいるようになって時々二人で消えてたから二人でカラオケに行ってたんだろうなと。

 

なんやねん!ただ歌が上手いだけやんけ!

 

、、、。

 

、、、。

 

 

歌が上手い=恋愛対象💖

 

って冒頭に自分で言ってましたね(⌒-⌒; )

 

にがーい思い出です💔

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村