カラオケ DAMとも お悩み相談室

カラオケブログです。DAMともだけに留まらずカラオケやJ-POP全般についてカラオケ目線から様々書いて行きます。

音楽シーンで平成を振り返る 平成5年

平成5年(1993年)

 

1位 YAH YAH YAH  CHAGEASKA
2位 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない B'z
3位 ロード  THE 虎 舞竜
4位 エロティカ・セブン  サザンオールスターズ
5位 裸足の女神  B'z
6位 負けないで  ZARD
7位 時の扉  WANDS
8位 真夏の夜の夢  松任谷由実
9位 揺れる想い  ZARD
10位 世界中の誰よりきっと  中山美穂WANDS

 

ランキング外

EZ DO DANCE   trf

夏の日の1993  class

島唄   The Boom

慟哭 工藤静香

ポケベルが鳴らなくて 国武万里

男  久宝留理子

今を抱きしめて   NOA

私の夏 森高千里

恋人 鈴木雅之 

何も言えなくて・・・夏 J-WALK  

 

自分の中では「夏の日の1993」がランキングに入ってないのは不思議。インパクトはあってもそんなに売れてないのね。

時代を象徴する曲名「ポケベルが鳴らなくて

今の時代の人たちは「それは何?」て感じかもしれないけどね。

簡単に説明しとくと「ポケットベル」の事。ポケベルにも電話番号的な番号があり、その番号にかけてプッシュホンで数字を打つ。相手には数字しか表示されないけどそれを語呂合わせで読むわけです。

084=おはよー

0833=おやすみ

0906=おくれる

114106=あいしてる

3470=さよなら

5963=ごくろうさん

とかね(;^_^A

なかなか強引な語呂合わせもあるけど、しょうがないわな、これ以外の通信手段は電話しかないんだから。彼女の家に電話したらお父さんが出て「おまえだれだー」と怒鳴られたりしたもんだ。ポケベルの時代は連絡は出来たけど会話は出来ないのでやっぱり家電における「お父さんフィルター」は存在したけど、今の時代、彼女の携帯に電話してお父さんが出るなんてことはありえんもんな。それはそれでつまらん気もするけど。

 

な、何の話だ(;^_^A

 

この年はランキングの多くをビーイング系が占めてますね。自分は年を取ってからビーイングと言う事務所を知ったけど、ファンの人たちの間ではビーイング系という言葉があったように相当勢いがあったみたいですね。

 

そしていよいよ、ここから一時代を築く、小室ファミリーの先鋒「trf」が登場してます。当時ボウリング場やゲームセンター等に「ジュークボックス」というものがあり、100円入れて好みの楽曲を選ぶとそこにその楽曲を流す事が出来た。このtrfの「EZ DO DANCE 」のPV。ボーカルの北村夕起ちゃんがセクシーな衣装で踊りまくってるPVで、それ見たさにみんなで代わる代わる100円使ったもんだ。